まずはお気軽に
お問合せ下さい

  1. TOP
  2. スニーカー修理・カスタムに関するブログ
  3. BALLY ドライビングシューズの修繕

BALLY ドライビングシューズの修繕

2020.7.13

こんにちは!REPRO-PARKです!


本日ご紹介するのは、こちらのドライビングシューズ。
最近はファッションの一部として普段使いされることも多いシューズですが、
本来ドライビングシューズとは、靴底がラバー製、またはレザーにラバーが埋め込まれている仕様のため滑りにくく、運転時のアクセルやブレーキを踏む足が安定するように考えられたシューズのことを指します。
今回のご依頼品は、つま先とかかと部分にダメージがある状態でした。


このシューズは革の間にソールが埋め込まれている仕様のため、修理の際アッパーに強い負荷がかかってしまいます。
そのため、修理後のもちの良さを優先して考えると、ソールの交換を繰り返し行えるように仕様を変更する必要がありますが、
それには土台になる生地を新たに縫い付けたり、交換できるソール自体の形状に制限があるため、デザインを大きく損なってしまうデメリットもあるんです…
そこで今回は、元のデザインをなるべく残す為あえてソール交換はせず、『左足の親指部分の状態改善』を目的に補修を行わせて頂きました。
大きく破損したアッパー部分は、似寄りの革と裏地と補強芯とを継ぎ足すことで仕上がり後の爪先の幅を狭くすること無く再建しています!
さらに、シューズの内側(親指の腹が触れるところ)には、対処療法として内側から補強を行いました!


今回のようなお修理を通じて、実感する事ができるのですが、
『ベストな修理』というのは、お客様ひとりひとりによって違います。
例えば、『修理跡が目立たない仕上がり』『十分補強された頑丈な出来栄え』『元のデザインに忠実な仕上がり』『オリジナルカスタムで個性的な仕上がり』などなど…
そのようなご希望を実現するお手伝いができるよう、リプロパークはこれからも精進致します!!

ご相談はLINEまたはORDERなどから受付中です。
是非よろしくお願いします!
※平日11:00~19:00営業