まずはお気軽に
お問合せ下さい

  1. TOP
  2. スニーカー修理・カスタムに関するブログ
  3. ピエールアルディ 全パーツの分解とリペア(前編)

ピエールアルディ 全パーツの分解とリペア(前編)

2020.8.26

こんにちは!REPRO-PARKです。

今回はシューズリペアの中でもかなり大掛かりな修理事例をご紹介します!

 

PIERRE HARDY(ピエールアルディ)


・オールソール交換
・ベルクロ(マジックテープ)タブ再作成
・アッパー部分のレザーパーツカスタム
・ライナー交換(かかと部分)
・シューレースホール交換
・シューレース交換・カスタム
・全体インキング
毎日の使用の中で徐々にダメージを受けてしまった これらの箇所のリペアを行っていきます!
今回は、修繕する部分がかなり広範囲でしたので、一度全てのパーツを解体し、イチから組み立て直しを行っていきました。
滅多に見ることが出来ない、シューズの全貌をお見せしちゃいます!

全体を解体すると、特に靴底付近にダメージが集中しているのが良くわかりますね。
では、細かな部分を見ていきます。

 

・オールソール交換
今回は、元々の雰囲気に近いデザインのソールへ交換しております。
ソールは圧着とミシン縫いで固定しており、その際の力に負けない様 アッパーの淵にレザーテープを巻いております。(土台のレザーから雰囲気が浮かないよう、自然な素材を選んでおります!)

 

・ベルクロ(マジックテープ)タブ再作成
この部分は内側の芯ごとハリが弱ってしまい、側面もレザーは毛羽立ちが目立っていたため、似寄りのレザーで丸ごと作り直しております。
その上で、このシューズのチャームポイントの1つでもあるブランドネーム刻印は残るように再利用している点がポイントです!
刻印部分はカットして、新たなタブの上から固定しております。


・レザーパーツカスタム
アッパーの一部、シューズの側面部分はレザーのダメージがかなり大きい状態でした。
この部分は使用する中で擦れたりすることも多いので『リペア+カスタム』をご提案!
デザインに自然になじみ、自分だけの特別感も感じることができる、こだわりの牛革のパーツを取り付けさせて頂きました。

 

今回はここまで!(盛りだくさんの内容で、まだまだご紹介したいことが書ききれません!)
後半の内容については、次回ご紹介させていただきます!
シューズのリペア・カスタムのご相談、是非おまちしています。

ご相談はLINEまたはORDERなどから受付中です。
是非よろしくお願いします!
※平日11:00~19:00営業